2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
手作り猫ベッド もぐりんベッドの作り方です
にゃんぶくろの作り方を覚えていますか?

この頃は写真はポップアップすればいいやーと思って
サムネイルにしていたので小っちゃかったですねー。
今もそうなんですが画像をクリックしたら大きくなります。

これをネットで発見してくださった方からメールを頂いて
ティーカッププードルくんのためにもぐりんベッドを作ってみたい、とのこと。
それで相変わらずな感じのイラスト付きでご説明差し上げたのですが

1446560535510.jpg

1446560552341.jpg

これじゃぜったいわからない!(笑)

なんかこう、うまく伝わらないかなー。
やってることは簡単なんですが。

で、今日は作りながら写真を撮ってみました。

ご興味ある方は覗いてみてください。

1446706802291.jpg

これを作りますー。
大きさはSサイズで出来上がりは大体40×30cmくらいです。
クッション部分の説明からです。

1446706926967.jpg

40×60cmくらいのフリースを中表に半分に折ってぐるりにミシンをかけます。
縫いしろは1cmくらいでいいと思います。

1446706946331.jpg

一か所真ん中を5cmくらい縫い残します。
ここから全体をひっくり返し表にします。

1446713520598.jpg

3か所ほどステッチをかけます。
綿止めになります。

次は屋根を作ります。
同じ大きさのフリースを半分に折り
輪から10cmくらいのところを端から端まで縫います。

1446706982748.jpg

1446707009910.jpg

ここに綿を入れてアーチを作ります。

1446707065848.jpg

次にアーチと反対のおしりのほうです。
クッションの長さに合わせて中心にタッグを取ります。

1446707098642.jpg

1446707112247.jpg

クッションに合わせて長さを決めるとやりやすいです。
クッションをひっくり返した穴の位置を真ん中にしていると
綿を入れた後に縫うのが楽です。

1446707170887.jpg

タッグを塗ったところ。
上から見るとこうなります。

1446707214091.jpg

いよいよ組み立てます。
クッションの上に屋根をのせてマチ針で止めます。
屋根は上から見たほうを中に合わせてください。
クッションはどっち向きでも大丈夫。

綿入れ口を残して縫い合わせます。

1446707255946.jpg

おしりからクッションに綿を詰めていきます。
菜箸などで奥に押し込むとうまくいきます。

1446707275439.jpg

綿を詰め終わったら最難関のフリース6枚合わせ縫いです。
まっすぐ縫えばいいだけなのですが
厚みがあるのでゆっくり慎重に縫ってください。
たぶん家庭用の弱いミシンでは針が折れたりしますので
ここだけ手縫いされてもいいです。

1446707286321.jpg

全部縫い終わったら全体をひっくり返して

1446707295609.jpg

出来上がりました!

なんとなくわかられましたでしょうか?
フリースは薄手の方が縫いやすいのでおススメです。

出来上がりの大きさは
用意するフリースの半分を目安にしてください。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:姫丸 まいこ
猫さんのためのハンモックやベッドを作っています。
売上げの7割を保護猫や地域猫のために役立てています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
☆バナー作りました☆
毬屋雷蔵堂
まりねっと
ハンドメイドで支援しています
猫用品・グッズ
頑張ってますー。
地域猫
こっちでも頑張ってますー。